満足のいく浮気調査をしたければ探偵社へ依頼すべし

浮気調査にはトラブルがつきもの

浮気調査を探偵に依頼する際、色んなトラブルに遭うリスクがあります。探偵社側が悪いケースもありますが、依頼者側の不注意でトラブルになるケースもあります。トラブルを防ぐ上でもいくつか気をつけなくてはいけないポイントがあるのです。

浮気調査を依頼する際に気をつけるべきこと

  • 依頼時は感情を表に出さない
  • 依頼中は他人に依頼中であることを教えない
  • PCやスマートフォンは相手に見られないようにする

満足のいく浮気調査をしたければ探偵社へ依頼すべし

謝る男性

確実な証拠をゲットできる

探偵社は浮気調査のプロですので、浮気相手との密会シーンの場面の鮮明な写真を撮影することができます。この証拠さえあれば離婚したい時に慰謝料を請求する際の武器になります。

バレにくい

素人が浮気調査をするとターゲットにバレる可能性が非常に高いです。探偵であれば、ターゲットからしたら赤の他人ですので面識はありません。そのためバレずに浮気調査することができます。大阪エリアには優秀な探偵が在籍している探偵社がありますので、成功する確率は高いでしょう。

冷静でいられる

自身で浮気調査するとなると感情が高ぶってしまい冷静でいられません。そうなると状態は更に悪化してしまいます。探偵に依頼すれば落ち着くことができますし、何より浮気調査しているということが相手にもバレません。

浮気の兆候の可能性があるシチュエーション

服装や持ち物が変わった

恋愛をすると見た目を気にしだします。オシャレをしようと新しい服や下着を買いがちです。こちら側から何も言っていないのにこのようなことが起きたら要注意です。さり気なく指摘してみましょう。

帰りが遅くなる日が多くなった

残業や飲み会などで帰りが遅くなるのは珍しいことではありませんが、このようなことが頻繁に起きるようであれば、冷静を保ちつつ「飲み会はどのくらい参加していたか」などと質問してみましょう。

スマートフォンを手放さなくなった

普段自宅ではスマートフォンをそこまで使用しないのに、突然肌身離さず持っていたら浮気の可能性があります。スマートフォンを盗み見ることはよくないので「なんで最近スマートフォンばかりいじっているのか」といったようにヒアリングして相手の反応をチェックしてください。

車内に誰のか分からない持ち物が落ちている

車の中に持ち主が不明なものが落ちていたり、髪の毛が落ちていたりしていた場合は怪しいです。車の中を掃除してみて「車内に髪の毛が落ちていたので掃除した」と言ってみて相手の動向を確認してみてください。

接し方が変わった

会話が減ったり、もしくは極端に優しくなったりなどといった場合も浮気の疑惑があります。もしこのような変化が出てきたら早めに情報を集めておいたほうがいいです。